視能訓練士(ORT) | 正社員求人募集・中途採用 [王子さくら眼科 | 東京都北区]

王子さくら眼科 – 
視能訓練士(ORT) 
正社員・中途求人募集

 

現在、視能訓練士資格をお持ちで、実務1年以上の経験がある方の募集を行っております。

他の職種に関してはトップページをご覧ください。

仕事でこんなお悩みありませんか?

  • 人間関係に悩んでいる
  • 部署同士の連携がうまくいっていなかった
  • 新しいことを始めようと思っても意見が言えず、風通しが悪い
  • 新しいことにチャレンジできる環境で働きたい
  • 残業が多く、自分の時間が取れない

少しでも思い当たるところがあれば、ぜひ当院の求人情報をご覧ください。

理事長あいさつ

こんにちは、医療法人社団 慶月会理事長の上月 直之(こうづき なおゆき)です。この度は当院の求人ページをご覧いただきありがとうございます。

当院の求人ページの文章はかなり長いです。しかし、これには理由があります。

世の中の求人ページは、良いことしか書いていなかったり、そもそも情報量が少ないというところが多々あります。そのためか、「求人ページを見てとても良いと感じたのに、実際に入職してみると違った」という方の声を多く聞いてきました。

「新しい職場で働く」ということは、人生において重要な岐路です。

岐路

だからこそ、そういったマッチングの不和を避けるためにも当院の良いところや大変なところまで、正直に書こうと考えた結果、長くなってしまいました。しかし、最後まで読むことで当院のことを理解していただけるかと思いますので、ぜひ入職の判断材料としていただければと思います。

医療法人社団慶月会は、経営理念として全従業員の物心両面の幸福を追求しており、スタッフが幸せで、やりがいのある病院」をモットーとしています。

スタッフの写真

スタッフ一人ひとりが経営理念を追求し、チーム医療を行い、共に育つことで、より質のよい医療サービスを提供することができる。その結果、患者さんもスタッフもお互いに「幸せ」を感じることができるのだと考えています。

スタッフがそれぞれ、学び、考えて、自己を成長させていくことで、たくさんの人の「幸せ」が見えてくると思っています。

当院は丁寧かつスピード感のある職場です。

だからこそ「どうすればより良く仕事ができるか?」「患者さんがなるべく”待ち時間で疲れた”と思わないようにするためには、どういう動線で動けばよいだろう?」「どうすれば自分も含めたスタッフたちがより働きやすくなるだろう?」など考え続けることで、成長のできるクリニックでもあります。

そのためにも、スタッフから出た新しい意見はよいと思ったらどんどん採用していますし、部署同士の連携を大切にしています

実際、患者さんを待たせないためにはどうしたらよいか?ということをクリニック全体で考え、色々と改善策を導入した結果、クリニック開院時間内にすべての診察が終了する日がほとんどになったため、現在残業はほとんどありません。

同じ考えを持ったスタッフが多いため、クリニック内の人間関係も非常に良好で、風通しの良い職場です。

ここから更に、

  • 現在勤務してくれているスタッフの負担を減らす
  • 新しく入職してくださるスタッフの方たちと更なる成長や働きやすい環境を整える
  • スタッフも患者さんも、もっともっとみんなが満足できる職場に成長していきたい

以上のことを考え、今回の採用に至りました。

当院の理念にご賛同頂ける方はぜひ最後までお読みいただけましたら幸いです。

医療法人社団慶月会の企業理念

王子さくら眼科が入っているメディカルモール

患者さんに白内障手術・緑内障治療を中心とした最高・最良の眼科医療サービスを提供します
地域での眼科疾患を予防していきます
全スタッフの物心両面の幸福を追求します

患者さんに最高・最良の医療サービスを提供するためには、医師・看護師・視能訓練士・医療事務それぞれが優しい対応をすることが必要です。

そういった優しい対応をするためには、スタッフが職場環境や仕事に満足していないと出来ません。

給与、休暇がしっかりした上で、患者さんに喜んでもらえるやりがい、スタッフ同士の人間関係、自身の成長などがスタッフの満足感につながると考えています。

リフレッシュするスタッフ

当院では定期的な給与アップ、貢献度に応じたボーナス、100%の有休消化を約束します有休消化は上司への報告は必要ですが、院長への報告は必要ありません。

スタッフ同士の人間関係もとても重要です。人に対して嫌味な言葉遣いを使う人、悪口を言う人は当院では採用できません。利他の心を持ち、皆で協力しあって、気持ちよく毎日仕事やプライベートを過ごすことができることが重要です。

眼科の仕事は覚えることがたくさんあり大変ですが、その分、仕事を通じて成長できます。今後、顔まわりの美容やさらなる分院展開も考えているため、そのような方向を考えたり、眼科経営に協力してくれる方も活躍できます。

その上で、理想的な眼科医療を提供していければと考えています。

この理念にいきついた理由や経緯について、これまでの私の歩みと共にご説明したいと思います。

医療法人慶月会の沿革

兵庫県姫路市にある姫路城

兵庫県姫路市にある姫路城

私は、兵庫県姫路市に生まれました。田舎育ちである私の両親は大学にも行っていません。親戚に医療関係者もおらず、将来は「医師になりたい」なんてことを思うこともなく地元公立の小学・中学・高校に進学しました。

祖父が小学校の先生だったことから、小さい頃私は学校の先生になりたいと思っていました。昔から機械やテクノロジーが好きであり、教員免許の取得も考え、大学は神戸大学工学部へ進学しました。

子供の時から、自身が病気になることもなかったため病院には行ったことがありませんでしたが、大学4年時に親戚が病気になったことから、初めて病院に行くという経験をしました。そこで、医師が働く姿を見て人を助けることができる医師という職業に憧れをもつようになりました。

その時はちょうど大学院を受験しようと思っていた時期で、工学部の勉強内容はとても面白かったのですが、自分が社会にどのように役に立つのだろうかと真剣に考え始めていた頃でした。将来の自分についてずっと考え、医師という職業であればより社会に貢献できるのではないか。そう思い医師になることを志しました。

「これまでの時間が無駄になるかも」という迷いや悩みもありましたが、家族や周囲の応援もあり、神戸大学を卒業後、大学院には行かず、高校生に混じって再度大学受験をし、岡山大学医学部へ進学しました大学一年生からやり直しです

岡山大学医学部

医学部入学後はバドミントン部に所属し、部活に明け暮れる2回目の学生生活を再スタートしました。医学部の勉強はとても楽しく、いろいろなことを学ぶことができました。

医師を目指すきっかけとなったのは、親戚が消化器の病気にかかったからということもあり当初は内科へ進もうと思っておりましたが、医学部5年生の眼科の実習時に「眼科」に魅了されました

検査機器・手術機械がどんどん発展していること
テクノロジーで検査・治療を行うようになってきていること

これらを目の当たりにし、眼科という学問の進化にワクワクさせられました。

工学部出身の私は、もともとテクノロジーが好きであったこともあり自身の適性は眼科にあると確信し、専門科を眼科に決めました。実際に私が眼科を専攻してからも眼科の医療はどんどん進化していきました。10年前と現在では眼科の常識は全く異なっています

緑内障について

ご存知かと思いますが、「緑内障」という視神経が徐々にダメージを受けて、視野が狭くなってしまう病気があります。

緑内障

緑内障という病気自体は昔から知られていましたが、かなり進行して視野が大きく欠けてからしか気づくことができませんでした。

「眼底検査」をしても、初期の緑内障の多くが見逃されていました。ですが、あるとき「OCT」という新しい眼科検査機械が出現しました。

最初は診療に役立つ程度でしたが、OCTはどんどん進化し、今ではかなり初期の緑内障すら診断できるようになりました。

OCT結果イメージ

OCT結果イメージ

今後はそこにAIが加わり、人間の目では絶対に分からないレベルで緑内障の診断ができるようになることが予想されています。

統計によると、緑内障の総数は増えているというデータがあります。しかし、これは緑内障が増えたというよりも、診断技術の進歩により、かつては見逃されていた緑内障が発見されるようになったからです。

つまり、緑内障が増えたわけではなく、見つけられるようになったのです

一方、緑内障による失明率は低下しています。これは診断技術の進歩とともに、治療法の改善が大きく影響しています。新しい薬や手術法の開発により、緑内障の進行を効果的に抑えることができるようになったのです。

医療の進歩により緑内障の早期診断と適切な治療が進めば、失明率はさらに低下するでしょう。そして、最終的には緑内障による失明をなくすことが可能になるかもしれません。

白内障手術について

白内障手術もどんどん進化しています。

「白内障」とは、目の中でレンズの役割を果たす「水晶体」が白く濁る病気です。水晶体が白く濁ると、視力の低下をきたします。また、白内障は年をとるとほとんどすべての方に起こるとされています。

昔の白内障手術は、目を大きく切って、水晶体を取り出して終了する手術でした。しかし、1980年代になると、眼内レンズを入れるようになりました。この変化により、手術後も視力を保つことが可能になりました

それまでは、水晶体が取り除かれると、その役割を果たせなくなってしまい、強い眼鏡をかけなければならなかったのです。しかし、眼内レンズの出現により、手術後も普通の生活を送ることができるようになったのです。

1990年には超音波白内障手術装置が普及しました。この装置は、白内障になった水晶体を微細な振動で細かく破砕し、吸引することができます。これにより、より小さな切開で手術が可能になり、その結果、手術の回復期間が短くなり、合併症のリスクも減少しました

そして2007年には、さらに大きな進化がありました。それは多焦点眼内レンズが取り入れられたことです。多焦点眼内レンズとは、近くも遠くもよく見えるように設計された眼内レンズのことです。

それまでは、白内障手術後に遠くはよく見えるものの、近くを見るためには読書用のメガネが必要でした。しかし、多焦点眼内レンズの導入により、単焦点眼内レンズ使用時に比べてメガネを使用する頻度を減らすことができるようになり、生活の質が大幅に向上しました。

今日では本当に安全に手術ができ、手術後の視力も大きく改善されています。

医学部卒業後

私が心に決めた眼科専門の医師になる道は、医学部6年間の勉強を経て始まりました。

卒業後はどこで眼科を学ぼうかと考えました。

私は兵庫で生まれ、神戸と岡山で大学生活を過ごし、東京にはほぼ来たことがありませんでした。しかし、高校や神戸大学時代の同級生が東京で就職し、東京に時々訪れるようになりました。東京の高層ビルからの夜景の美しさに魅了され、一度東京に住んでみたいと思い、そのような動機から東京で初期研修・後期研修を行おうと考えました。

東京の夜景

眼科を学ぶためにはどこかの大学に所属しなければなりません。岡山大学の眼科の先輩にアドバイスをもらいながら、夏休みを利用し東京の大学の眼科を複数見学に行きました。そのときに訪れた慶應大学眼科学教室が診療・教育・研究ともに大変盛んで、当時教授であった坪田一男先生の「人の可能性を拓く」というミッションに感銘を受け慶應大学眼科学教室に進みたいと思いました。

医学部卒業後、2年間は初期研修医としてどこかの病院で研修しなければなりません。将来は慶應眼科に行くとして初期研修をどこの病院で行おうか考えました。

医師になったのだから眼科知識だけでなく、眼の前の人が倒れたときにも適切に対応できるようになりたいと強く思い、救急が勉強できる病院で研修したいと考えました。

ちょうど慶應大学の関連病院でもあり救急医療で有名な横浜市立市民病院を志望し、マッチングすることができました。

救急外来では、頭痛や風邪・心臓発作や重度の交通事故まで、さまざまな患者さんと向き合いました。現在のように労働基準法も守られていない時代でしたので、48時間以上連続勤務をしたこともありました。病院に行かなかった日はほとんどありません。

救急イメージ

その経験は辛く厳しいものでしたが、それぞれの患者さんと共に、私自身も成長する機会になりました。

初期研修が終わった後、予定通り慶應大学医学部眼科学教室に入局しました。”医局”とは、大学病院の診療科におけるチームのことを指し、そこには数多くの優秀な同期がいました。私たちは互いに競い合い、診察や手術、研究に没頭しました。

慶應大学では13人の同期と共に日々の診療を行い、合間に研究も行い学会発表なども行ってきました。

途中シカゴへ短期留学し、アメリカの眼科医療や手術にも触れてきました。

アメリカへ留学

日本と違い医療費が高額なため限られた人しか最新の眼科医療は受けられません。なんとなく知ってはいましたが、実際に触れると日本はなんと恵まれた国なのかと実感しました。逆に1人の眼科医が診る患者さんの数も圧倒的に少ないです。ですので若い医師の経験のなさにも驚きました。

大学で研修を終えた後は硝子体手術で有名な済生会中央病院へ出向となりました。東京タワーの真下にある病院です。秋篠宮殿下が総裁である済生会は生活に困り、医療、福祉を受けられない人々にも救いの手を差しのべるようにというお言葉から創設された組織であり、港区のど真ん中にも関わらず様々な病気の患者さんが受診されました。

済生会中央病院

私は白内障手術から硝子体手術、レーザー治療を数多く行ってきました。

その後、角膜疾患や眼アレルギー疾患で有名な鶴見大学歯学部附属病院の眼科へ異動となりました。鶴見では角膜移植や酷いアレルギー疾患の患者さんを多く診て、毎週多くの白内障手術を執刀してきました。

外科ではチームプレーで複数人医師がいないと成り立ちませんが、眼科では1人の医師の技量や能力でほとんどの手術や治療が可能です。ですので手術を行っている眼科開業医が多く、大病院よりも眼科開業医の方が良い機械で検査や手術を行っているということも珍しくありません。

自身でより良い医療を患者さんに貢献したいと考えるようになり、最新機器を導入し、縁があって2018年経堂駅前に経堂こうづき眼科に開院しました。

経堂こうづき眼科開院

経堂コルティ

本院経堂こうづき眼科がある経堂コルティ

2018年開院当初は、過去に経験があることを重視してスタッフを採用していました。

ただ、経験者だけでなく未経験者も採用する中で、私のスタッフ教育に対する考え方が甘かったため未経験者への指導は、経験者にほとんど丸投げでした。そうしたところ、未経験のスタッフの辞職が続出してしまいました

これは経験者の指導が厳しすぎたからだと考えます。

スタッフが減ると心身ともに皆の余裕がなくなり、クリニック全体がギスギスしてしまい、それが患者さんに伝わってしまいGoogle評価に悪い評価をつけられたりと大変辛い時期でした。

自分が作りたいクリニックはどういうところなのか、皆が居心地のよいクリニックはどういうところなのかということを、この時改めて真剣に考えました。

スタッフの辞職が出てしまったのは、

1.未経験者でも成長できる教育システムをしっかりと作れていなかった
2.採用の優先度が「経験」のみを重視していた採用基準であったこと

が理由だと行き着きました。

そのため、理念にも書いたようにスタッフ採用は経験の有無だけではなく、

コミュニケーションをしっかり取れる方であること
他の人を思いやる心を持って人と接することができること

を採用基準の最優先としました。

また教育システムの充実を行い、順を追って仕事を覚えていくようなシステムを2年かけて作り上げました。後ほど教育体制の中でも説明しますが、これによって未経験者の方もストレスなく成長することができるようになっていきました。

理想の医療ができていたため、その医療をさらに多くの人に届けたいという想いから2020年北区王子駅前に王子さくら眼科を開院いたしました。

王子メディカルモール

分院王子さくら眼科がある王子メディカルモール

経堂では開業時より手術を行いたいと思っていたのですが、面積の関係で手術室を作ることは叶いませんでした。

2022年2月、ついに近隣物件を抑えることができ、経堂でも白内障手術・眼瞼下垂手術などを開始することができました。

以上で当法人の沿革や過去について理解して頂けたかと思います。次に、将来性や未来についてお話させて頂きます。

眼科業界の将来性と「医療法人社団 慶月会」の将来性

これまでに当法人の沿革についてご説明いたしましたが、過去を振り返るだけでは十分ではありません。私たちは常に未来を見据え、進化し続ける業界の中でどのように成長し、価値を提供し続けるかを考えています。

そこで、次にお話しするのは、眼科業界全体、ひいては当法人の将来性についてです。

未来を見据えた時、どのような可能性が広がっているのか、そして私たちがどのようにそれに取り組んでいくのかをお伝えいたします。それでは、具体的に「業界の将来性と会社の将来性」について深掘りしてみましょう。

白内障手術の増加

ご存知の通り、高齢者は100%白内障になります。日本人の寿命が伸びており、高齢者が今後も増加するため、白内障手術の件数が増加することが予想されています。

近視の子供の増加

スマホの普及やコロナ禍でタブレット端末が小学生全員に配られたことなどもあり、ニュースでも取り上げられているように目が悪くなる子供が爆発的に増加しています。

当院でもお子さんを連れてこられる親御さんも多く、近視進行抑制治療(近視の進行を抑えたり、見え方をよくする治療)に力を入れており、年々需要が増加しています。

当法人はさらに成長します

現在患者さんに提供出来ている医療をさらに多くの人に享受してもらいたいと考えており、今後も分院展開も考えています。

また眼科領域に付随した美容も含めた自費診療なども今後検討しております。患者さんの需要は変化しており一緒に成長できる仲間を募集しています。

【当法人の分院展開】
2018年10月 経堂こうづき眼科開院
2021年2月 王子さくら眼科開院
2022年2月 経堂白内障手術クリニック開院

以上の点から、眼科業界と私たちのクリニックは可能性に満ちていると言えるでしょう。

しかし、眼科としてのチャンスがある、ということは、逆にいうと、それだけ目に関して困る人が増える可能性があるということでもあります。

眼科は、他の診療科と比べると直接的な命の危険に関わるケースは少ないかもしれません。しかし、人間は情報の8割を視覚に頼っていると言われています。

つまり、眼の健康を守ることは、人生の質を維持し、さらには向上させるために必要な要素なのです。

眼科医療を通じて、より多くの人々の人生の質を保つこと」「より多くの患者さんに質の高い眼科医療サービスを提供することを目標に、更なる拡大を図り、自費診療の充実を検討しています。

私たちは、常に患者さんのため、そしてスタッフのために最善を尽くす場所でありたいと思っています。

そのために、私たちはさらに多くの手を借り、一緒に頑張ってくれる新たな仲間を募集しています。

「医療法人社団 慶月会」で一緒に成長し、患者さんの生活の質向上に貢献しませんか?

あなたが当院で得られること

ここまで当法人についてや理事長の考えを読んでいただきました。ここからは当院で働いてくれた時にみなさんにとってどんなメリットがあるのかお伝えしていきます。

当院ではスタッフの幸福を物心両面から追求しており、技術はもちろんのこと「人として成長ができる人材育成」を目指しているとお話してきました。だからこそ当院ではスタッフ同士が共に成長し合える環境があります。具体的にご紹介していきます。

当院では本当に患者さんから感謝されます

当院での検査は、一人の患者さんに対してレフケラトから視力、眼圧、視野検査までその患者さんに必要な検査を全て自分一人で対応することができます

検査が分担制ではないため患者さんとの信頼関係も築きやすく、受付での問診だけではわからない細かな困ったことをヒアリングし、患者さんに寄り添うことができます

先生の診察を求めてくる患者さんはもちろんですが、検査員を求めて来院してくれる患者さんもいます

白内障手術の場合、昨日までほとんど見えなかった人が、手術後には視力が回復することがほとんどで、実際に検査に携わった患者さんが「ここで手術をしてよかった」「本当によく見えるようになった」「明るくなった」と笑顔で話してくれます。このような瞬間はやはりとても嬉しくなります。

そして当院は駅近・商業施設内のため多くの患者さんが来院されます。

混み合う中でもなるべく患者さんをお待たせしないように、テキパキと仕事をこなすスタッフが多いです。病院では待ち時間が長いことによるクレームの発生も多いですが、当院ではほとんどありません

経験豊富なORTが多いため、様々な検査をスムーズに行うことができ、感謝されることも多いです。

当法人は患者さんに満足していただけるようなサービスを提供することを心がけており、その結果多くのファンを獲得しています。

お互いを尊重し合い、仕事とプライベートのバランスが取りやすい職場です

リフレッシュするスタッフ

患者さんへの医療サービスだけでなく、スタッフ同士のコミュニケーションやチームワークも大切にしています。スタッフ同士が信頼関係を築き、明るく前向きで心地よい職場環境を作り出すことで、より良い医療サービスを提供できると考えているからです。

具体的には、スタッフ一人ひとりが、お互いが働きやすい環境を作り出すことに重点を置いています。そのために、効率的な業務遂行を目指しており、残業が極力発生しないように努めています。

スタッフは「いかに患者さんをお待たせしないか」ということを考えながら効率的に仕事を行うことを心がけています。業務の効率化を図るため、業務フローの見直しや改善提案を日々行い、よりスムーズな業務遂行を目指しています。

そのため残業はほとんど発生せず、スタッフは仕事とプライベートの両立が可能な働き方を実現しています。

また、繁忙期には有給の使用は控えてもらうように協力をお願いしていますが、それ以外は好きな時に有給を使用してもらっています。また月々の公休についても、休みたい時に休めるように柔軟に対応し、スタッフみんながお互いを尊重しながら働きやすい状況を作り上げています。

各スタッフが自分の役割を理解し、責任を持って取り組むことで、無理なく業務が行えるよう取り組んでいます。

気兼ねなく相談しやすい環境です

経堂こうづき眼科は1日に100人〜120人、繁忙期には150人近くの患者さんが訪れる活気あふれる職場です。

王子さくら眼科は1日に60人〜80人、繁忙期には100人近くの患者さんが訪れる活気あふれる職場です。

そのため、先輩スタッフが一対一でじっくり教える時間は限られています。しかしどのスタッフも忙しい中でも質問や疑問に対して一度手を止めてサポートし、忙しい時間帯であっても、後ほどフォローアップし一緒に問題解決へと導いてくれます。それは教育の重要性をスタッフ一人ひとりが理解しているからです。

不安や困っていることはもちろん、こんなことをしたいといった前向きな意見や提案にも耳を傾け、より良い状況を作り上げることができるように一緒に考えます。

様々なことに挑戦するチャンスがあります

理事長は40代とまだ若く、日頃からアンテナを張り、色々なことに挑戦したいと思っています。

2022年9月より眼瞼下垂の手術やクマ取りの手術を開始しましたが、これにとどまらず今後も新しい手術や自費医療にチャレンジしていくことも考えています。世の中の変化に柔軟に対応することは必要不可欠であり、最新の情報や技術を学ぶことができます。

他にも、新しいことを始めたいと思った場合必ず耳を傾けますので、新しいことにチャレンジしやすい職場です。スタッフが自分の能力を最大限に発揮し、患者様へのサービス向上に努めることができます。

たとえば、外部業者とのコミュニケーションに関しては、希望があればORTがそのやり取りを行います

スタッフが業者さんから得た「患者さんのためになる」や「スタッフのためになる」と感じる情報があれば、ぜひ教えてください。積極的に採用し、スピード感を持って反映します。

そのため、スタッフ一人ひとりが自分の能力やスキルを生かし、自己成長することができます。

新しいことを取り入れたり変化は日々ありますが、その分スタッフの努力をしっかりと報酬や福利厚生に反映しています

若い理事長のもとで新しいことに挑戦し、スキルを磨き、成長していきたい方はぜひ一緒にお仕事ができたら嬉しいです。

福利厚生を大切にしています

当院ではスタッフに何が喜ばれるかを考え、社会保険や雇用保険、労災保険、協会けんぽ、厚生年金の他にも、魅力的な福利厚生を提供しています。

当院での受診時にかかった医療費は、後日同額を給与として支給することでスタッフの経済的負担を軽減したり、1日1本のペットボトルの水・お茶の支給があります。

お昼休みには理事長がスターバックスのドリンクをご馳走してくれたり、クリスマスやバレンタインにはスタッフみんなにプレゼントを用意してくれたりもします。

定期的な賞与や昇給とは別に、繁忙期の臨時ボーナスなどもあります。

当院での勤務は給与面だけでなく、福利厚生面でも様々なものを用意しています。

駅チカで便利な位置にあるクリニックです

王子メディカルモール

王子さくら眼科は、JR王子駅からすぐのメディカルモール内にあります。2020年に開院したばかりのきれいなクリニックで、1〜2階には銀行、上階にはトレーニングジムが併設されています。駅前のためもちろんランチやお買い物にも事欠きません。

王子駅はJR京浜東北線、東京メトロ南北線、都電荒川線(さくらトラム)など様々な線がある他、バスロータリーもあり、交通手段が非常に豊富で通勤もしやすいです。

また、王子駅は

  • 上野まで9分
  • 池袋まで15分
  • 東京駅まで15分
  • 有楽町(銀座)まで17分
  • 新宿まで20分
  • 渋谷まで27分
  • 麻布十番まで25分

など、大変便利な立地にあります。

なお、本院である経堂こうづき眼科小田急線の経堂駅から徒歩30秒の「経堂コルティ」というショッピングモール内にあるため、無印やロフト、スターバックス、タリーズなどの店舗が充実しています。小田急OXやスーパーマーケットもすぐ近くにあり、通勤帰りの買い物にも便利です。

経堂コルティ

また、経堂駅は新宿から急行で約10分程度でアクセスできるため、帰りにショッピングをするスタッフも多いです。

経堂白内障手術クリニックは、本院から徒歩30秒程度です。

求める人物像

当院で働くメリットはあなたの理想や希望とマッチしていたでしょうか? 次は当院の考えるスタッフの理想像です。

当院では実務だけでなく、「人としての成長」が重要だと考えています。

当法人で働くことによって、医療技術はもちろんのこと、「人の心をつかむ技術」を身につけ、仕事もプライベートも充実させてほしいと考えています。

そのために当院での勤務にあたってお願いがあります。

「患者さんもスタッフも、自分のファンにする」という気持ちを持って仕事をしてください

「相手が本当に求めていることは何なのか」「本当に悩んでいることはなんなのか」を常に考えながら接して下さい。そしてそれに応えるよう日々努めています。

同様に、スタッフの皆様が働きやすい環境を整え、困っていることに対してサポートすることも大切にしています。

うすることで、あなたのファンになるスタッフや患者さんは増えていきます

当院では、ただ患者さんの評価が高ければよいという考えではありません。一緒に働くスタッフの皆様がどうすれば働きやすいか、何に困っているのか、自分がこの職場で何を成し遂げることができるかを常に考え、サポートすることが求められます。

新しいことに挑戦し、成長しましょう

当院では、時代の変化に合わせて新しい取り組みを積極的に行っています

患者さんのニーズに合わせた新しい手術や治療を取り入れることで、患者さんの健康と笑顔を守るために常に進化し続けています。その際には、スタッフの皆さんにもご協力をお願いしています。

しいかし、新しいことに挑戦するということは、それに適応するために変化を受け入れる必要があることも事実です。後ろ向きであったり、不満ばかりの姿勢や態度は、職場全体の成長にマイナスな影響を与えてしまいます。

そのため、当院では明るく前向きに取り組んでいただける方を高く評価しています

柔軟性のある人であってほしいというのが当院の求める価値です。周りに暗い空気を作らず、積極的に協力していただける方々とともに、常に前進していくことを目指しています。

スタッフ同士の連携を大切にしてください

私たちは忙しい中でも、患者さんの困っていることにしっかり寄り添うことを大切に思っております。

じっくり聞いてほしい、見てほしいという患者さんや、治療を求める患者さんまで幅広い要望を持った患者さんがいますが、迅速かつ正確に検査をするように心がけています

そのためにはORTや検査スタッフのチームワークがとても重要になります。

お互いをサポートし合い、情報共有もしっかり行い、チームの一員として積極的に協力することが求められます。職種・立場など関係なく質問や教えてほしいと言われた時に優しく教えてください。

また当院では、みんなが常にテキパキと働く職場環境が特徴です。そのため、迅速な判断力と対応力が必要とされますが、同時に視能訓練士をはじめクリニックのスタッフ同士の協力が不可欠となっています。

当院で働く視能訓練士は、チームの一員として自己成長を目指し、スピード感と質の高い医療を提供することに取り組んでいます。そして、患者さんが安心して受診できるように、笑顔で丁寧な対応を心がけています。

当院では上記の3つの項目を重要な評価基準としており、仕事の出来に加えこれらをもとに評価を行い、昇給にも反映しております。

「視能訓練士のスキルだけを上げたい」「患者さんからの評価さえ高ければいいのでは?」「最初に習ったこと以外は絶対にしたくない」といったお考えをお持ちであれば、当院で働くことはあなたのためにならないかもしれません。他の眼科をお探し下さい。

 

仕事の詳細 

次に、王子さくら眼科での具体的なORTの業務を紹介していきます。

日々の業務

主な眼科一般検査

レフケラ、眼圧、スポットビジョン、トポ、視力、眼位、立体視、色覚、フリッカー、眼底写真、OCT、スペキュラー、眼軸、ハンフリー(当院にGPは置いてありません)

 白内障手術準備

レンズの発注と確認・オペ時に使う患者様の詳細の紙を作成・患者様にお渡しする注意点や来院予定表の確認・手術の順番決定

オルソケラトロジー

レンズ注文・管理・説明

その他

アルコール綿の補充、クイックルワイパーで床掃除、ゴミ集めなど受付さんが忙しいときにおこないます

1日の流れ

9:30 出勤・午前の受付開始

 患者が来院し、回ってくる検査をこなします。検査によって予約と予約でないものがあるので上手く割り振りながら進めていきます。 外来の合間に眼内レンズの発注や準備をしたり、オルソのレンズ洗浄・発注などを行います。

 午前の受付時間は10:00〜13:00です。

 13:30 お昼休み

お弁当を持ってくるスタッフ、買いに行くスタッフ、一度帰宅するスタッフなどお昼休みの過ごし方はそれぞれ。

 15:00 午後の受付開始

 患者が来院し、回ってくる検査をこなします。 検査によって予約と予約でないものがあるので上手く割り振りながら進めていく必要があります。 外来の合間に眼内レンズの発注や準備をしたり、オルソのレンズ洗浄・発注などを行います。

 午後の受付時間は15:00〜18:30。

 19:00 1日の業務終了

 患者さんの診察が終わり次第、1日の診療が終了。また、清掃や機械を落として1日の業務が終了します。

教育体制

日々の業務については先輩スタッフが交代で業務をレクチャーしていきます。

どこまで理解・行うことができるか随時確認し、スタッフの進捗に合わせて新しい業務を教えていきます。ブランクがある方でもスキルを学んでいける環境があります。

先輩社員の声

★視能訓練士Aさん

Q、前職の時はどんな悩みがあった?

前の職場では部署・職種同士の連携がうまくいっておらず、人間関係に悩んでいました。

そのため、新しいことを始めようと思っても意見が言えないなどの悩みがありました。

Q、このクリニックを知ったキッカケは?

求人サイト(とらばーゆ、indeedを見て)

Q、求人を見つけてすぐに応募してくれた?

職場環境で悩んでいたタイミングで求人を見つけ、職場環境が良さそうだと感じ、すぐに応募しました。

Q、何が決め手となって応募した?

まず、通勤の利便性がよく、家から通えたのが応募の一番の理由です。

実際に面接のためにクリニックにお伺いすると、対応してくれたスタッフが皆さん優しく、クリニック全体の雰囲気も良いと感じたので入職を決めました。

私が仕事を探した際に見つかったのがこのクリニックだけだったこともあり、今思えば運命だったかもしれません。

Q、実際に入職してみてどうだった?

とにかくスタッフ同士の仲がよく、視能訓練士同士はもちろんのこと、部署・職種の垣根がないため、とても働きやすいです。

Q、仕事のやりがいは?

追加で検査が必要だと思った場合、医師にすぐに提案して指示を仰げる環境です。その分責任が発生することもありますが、自分で考えて動けることが多く、とても働きやすい職場です。

Q、これから受けようとしている人に向けて

近視抑制治療(オルソケラトロジー、マイオピン)など、これまでの職場では触れられなかった分野の仕事にもチャレンジできて、毎日が充実しています。

仕事の自由度が高くいろいろな検査を任せてもらえるため、大変だと感じることもありますが、それ以上にやりがいを感じています。

悩んでいらっしゃる場合、とりあえず見学を申し込むのをおすすめします。

★視能訓練士Bさん

Q、どうしてこのクリニックに入ろうと思った?このクリニックを知ったきっかけは?

視能訓練士になって1年目の時にご縁があり経堂こうづき眼科でアルバイトをしておりました。

その際にさまざまな検査を任せていただいたことが自信となり、やりがいを感じることができたためです。

また常勤や他のアルバイトのORTさんが斜視弱視、眼鏡処方など私ができない検査を教えてくださり、経験が少なくても教育していただける制度が整っていると感じました。

そのため自分のできることの幅が広がりそうと思ったためこちらに就職することを決めました。 

私は新宿経由で通勤するのですが、当院の出勤時間だと通勤ラッシュから外れているため電車は待たずに必ず座れて快適です。帰りも上りなので混雑してません。

 駅近商業施設の中にあるため、クリニック周辺の清掃やトイレ清掃がないことも良い点です。 

Q、このクリニックに入るまでの悩みは?

前職は経験年数によってできる検査が決まっていたため、もっとさまざまなことに挑戦したいと感じていました。

また、以前は子どもがほとんど来院しない職場だったため、小児の対応ができないことに不安を感じておりました。

Q、入る時に気にしていたところは?

前職の朝が早く、6時台の電車で出勤していたため始業時間の遅いところを探していました。仕事が10時からなので朝ゆっくり時間があることも魅力的でした。実際に働きはじめると、夜も19時には終わることがほとんどで、仕事後の予定も立てやすいです。

あとは、保険が社保であることも気にしていました。

 

Q、求人を見つけてすぐに応募してくれた?

転職を考えたのは9月ごろでした。しかし前職では1年ごとの契約更新のスタッフだったため3月末の任期満了まで待っていただき、転職しました。

Q、何が決め手となって応募した?

アルバイトをしたからです。実際に働いてみることで職場の雰囲気や仕事内容を理解できました。

Q、実際に入職してみてどうだった?

たくさんの検査を行わせていただき、自分のスキルアップにつながりました。また、白内障や眼瞼下垂の手術も行なっているので手術に関する知識もつきました。

たくさんの患者様が来院されるため忙しい日もありますが、私が暇で時間がすぎることが苦手のため、あっという間に時間が過ぎることもいいなと感じております。

スタッフがみんな穏やかで、年齢も幅広いですが気兼ねなくお話できます。 

Q、仕事のやりがいは?

実際に白内障術前検査、眼鏡処方、オルソケラトロジーの検査を行った患者様から感謝の言葉をいただいたときにやりがいを感じました。地域のクリニックのため、患者様との距離感も近く、経過も追いやすいです。

Q、これから受けようとしている人に向けて

私は当院に転職するのが初めての転職だったためとても不安でした。

転職先の人間関係や実際の仕事量なども想像と違ったらどうしよう?などたくさん悩んでおりました。

そのため、実際にアルバイトをしてしっかり職場の雰囲気がわかってから転職できたことがとてもよかったなと思うので

少しでも当院に興味をもっていただけましたら、見学やアルバイトに気軽にいらしてください!

今回の募集理由

2018年に開院し、当時は外来のみの診療でした。そして2022年2月より白内障手術を開始、2022年11月より眼瞼下垂・眼瞼内反手術など形成の手術を開始、2023年1月から白内障の手術日がさらに増えました。

これまで少数精鋭で業務を行ってきましたが、業務量が増え、業務内容も多岐に渡るようになりました。

そのため今勤務してくれているスタッフの負担を減らし、新しく入職してくださるスタッフの方たちと更なる成長や働きやすい環境を整え、スタッフも患者さんも、みんなが満足できる職場にしたいと考えています。

以上の理由から、慶月会の一員として同じ志を持って頑張ってくれる新しいスタッフの方を募集しています。

募集要項

職種 視能訓練士(ORT)
雇用形態 正社員
仕事内容
<主な眼科一般検査>
レフケラ、眼圧、スポットビジョン、トポ、視力、眼位、立体視、色覚、フリッカー、眼底写真、OCT、スペキュラー、眼軸、ハンフリー(当院にGPは置いてありません)<オルソケラトロジー>
検査、レンズ注文、管理、説明
<白内障手術準備>
レンズの発注と確認、オペ時に使う患者様の詳細の紙を作成、患者様にお渡しする注意点や来院予定表の確認、手術の順番決定
<その他>
アルコール綿の補充、クイックルワイパーで床掃除、ゴミ集めなど受付さんが忙しいときにおこないます
詳しくは「仕事の詳細」をご覧ください
勤務地 【王子さくら眼科】
〒114-0002 東京都北区王子1丁目10-17 ヒューリック王子ビル5F
王子さくら眼科
◆みずほ銀行が入ったビルです
アクセス 「JR京浜東北線・東京メトロ南北線王子駅」より徒歩30秒
補足 ※また、可能であれば下記クリニックのお手伝いをお願いすることがあります。
【経堂白内障手術クリニック】
〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-13-1 MCMさくらビル1F
【経堂こうづき眼科】(本院)
東京都世田谷区経堂2-1-33 経堂コルティ 2F「小田急線経堂駅」徒歩1分
※新宿から急行で10分程度
※本院の経堂こうづき眼科は小田急線経堂駅から徒歩30秒の「経堂コルティ」というモール内にあるクリニックなので、通勤だけでなくランチやお買い物にも便利な立地です。
※経堂分院の経堂白内障手術クリニックは経堂こうづき眼科から徒歩30秒
勤務日 シフトによる週休2日制(日曜日+交代制)
勤務時間 9:30〜19:00(休憩13:30〜15:00/1時間30分)
【手術日】9:30〜19:00(休憩12:30〜14:00/1時間30分)
休暇 ・年末年始(例年 12/30〜1/3) ※一部計画有給
・夏季休暇(7月〜11月の間で希望日5日間付与) ※一部計画有給
・有給休暇は法令通り付与します(初年度は勤務開始6ヵ月後から付与)
※有給休暇の取得率100%です
給与 月給250,000円〜

月末締め、翌月25日支払い

試用期間 3ヶ月の試用期間があります。(給与同額)
給与査定 年1回(4月)
※勤続6ヶ月以上
賞与 賞与年2回(昨年実績2ヶ月分~/1月・7月)
※勤続6ヶ月以上の場合
残業代
法定に従い全額支給
顧問の社会保険労務士にご指導頂き就業規則を作成、労働基準監督署の承認を得ています
定年年齢 満60歳
※それ以上は継続雇用可
交通費 規定支給(月額上限2万円)
社会保険 雇用保険、労災保険、協会けんぽ、厚生年金
その他福利厚生 当院受診時の医療費は後日同額を給与として支給します
ペットボトルの水を1日1本支給
クリスマスプレゼント・バレンタインプレゼントあり
制服 制服、シューズは貸与とします。(洗濯はご自身でお願いします)
身だしなみ
明らかな金髪・ハイトーンカラーは不可です。カラーリングは患者さんから見て不快に思われない程度の常識範囲内でお願いします。マニキュア、アクセサリーも仕事中は好ましくありません。
応募条件
①この求人ページの内容、当院の理念・考えに共感できる方
②視能訓練士資格をお持ちで、実務1年以上の経験がある方
③たばこを吸わない方(当院は眼科で、たとえば加齢黄斑変性は喫煙が原因のひとつとされています。そのため当院勤務者が喫煙者というのは許されないと考えています)
④土・祝勤務できる方
応募方法
エントリーフォーム」のご入力をいただきましたら、担当者よりご連絡させていただきます。
応募後の流れ
例:書類選考→面接→適性試験(SPI2)→トライアル勤務(2日)→内定
※応募前の職場見学も受け付けております
就職支度金について
就職支度金:7万円
このホームページのエントリーフォームから当院に直接応募していただき採用となった場合、入職3ヶ月後にお渡ししています。
勤務開始日 要相談

 

応募について

応募するか悩んでいらっしゃる場合でも、ぜひ以下のフォームよりエントリーをお願い致します。

エントリー後、記入していただいたメールアドレス宛に選考内容や採用までの流れの詳細をお送り致します。

※携帯のアドレスですと届かない場合がございます。ご注意ください。

エントリー後の職場見学も随時受け付けております。

ただし、このような方は応募をご遠慮ください

当院では、スタッフの物心両面からの幸福を更に追求するために今回の求人採用を行っております。「就職」は人生の岐路に関わる重要なものです。だからこそ、マッチングの不和があると、クリニックも応募者の方も幸せにはなれません。そのため、以下のような考え方の方はどうか応募をご遠慮ください。

医療法人社団慶月会の理念に興味はないが、安定して成長しているところで働きたいだけ
仕事を改善していくことに興味がない
自分だけが理解し困らなければそれで良い
仕事を通じて成長したいという向上心・やる気がない

上記に該当しない方は、当院のORTとして活躍できると思います。

その場合は、以下のエントリーフォームからぜひエントリーをお願いします。

応募方法(エントリーフォーム)

    必須 お名前

    必須 ふりがな

    必須 メールアドレス

    必須生年月日

    必須お電話番号

    任意メッセージ本文

     

    ▶This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    確認のため、自動返信メールをお送りしております。
    必ず@keigetsukai.or.jpからのメールを受信できるようにして下さい。

    ※自動返信メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認の上、「迷惑メールでない」と振り分けをお願いします。
    ※パソコンのアドレス(Gmail、Yahooメールなど)での受信をお勧めします。

    最後に採用に関してよくある質問を以下に記載いたします。

    ここにない質問などありましたら、お気軽にご連絡ください。

    よくある質問

    紹介会社に問い合わせたところ、「医療法人社団慶月会(経堂こうづき眼科、経堂白内障手術クリニック、王子さくら眼科)は現在採用を行っていない」と言われました。
    基本的にこのホームページがリアルタイムの採用情報となります。受付終了の掲載がなければ求人募集を継続していると考えて下さい。なお、受付が終了している場合はホームページにその旨を掲載いたします。
    直接応募も可能でしょうか?
    直接応募も大歓迎です。このページの「 エントリーフォーム」からご入力ください。また、直接応募の場合のみ、就職支度金をお渡ししております。詳しくは募集要項をご参考ください。
    適性試験とはどんなものですか?
    適性検査「SPI」と呼ばれるものになります。企業の採用試験によく用いられる適性検査の一つです。マークシート方式で、パソコンを使って受験して頂きます。
    タバコを吸う方は採用されないのでしょうか?
    遠慮して頂いています。当院は眼科で、たとえば加齢黄斑変性は喫煙が原因のひとつとされています。そのため当院勤務者が喫煙者というのは許されないと考えています。
    身だしなみについて決まりはありますか?
    明らかな金髪やハイトーンカラーは不可です。カラーリングは患者さんから見て不快に思われない程度の常識範囲内でお願いします(ギリギリは攻めないで下さい)。マニキュア、アクセサリーも仕事中は好ましくありません。
    王子以外のクリニックに出勤することはありますか?
    経堂に本院があるので、お住まいや通勤時間によって相談の上で応援をお願いすることがあるかもしれません。例えば、「経堂こうづき眼科」から徒歩30秒の場所にある「経堂白内障手術クリニック」で手術室の外で外回り業務を行っていただく場合があります。こちらは経堂こうづき眼科で予約を取られた方が手術を受けられるクリニックです。白内障手術の介助のご経験がある場合、他にも介助をお願いすることがあります。
    残業はありますか?
    残業はほとんどありません。
    休暇について教えてください。
    週休2日のシフト制です。事前にお休み希望を伺いますので、希望がなるべく通るようにシフト調整します。土・祝に入れる方を優遇しております。休診日は日曜日です。なお、有給休暇の取得率は100%です。
    外来の患者層や人数を教えてください。
    1日60~80人の来院があり、0歳から100歳までバランス良く来られます。近隣の方が多いですが、王子駅はバスターミナルになっており、バスでご来院の方や、沿線から来られる方もいらっしゃいます。
    どのような疾患の患者さんが多いですか?
    幅広い患者さんがいらっしゃいます。緑内障の患者さんが最も多いですが、白内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性からものもらい、アレルギー性結膜炎など幅広い疾患でお困りの患者さんがいらっしゃいます。小児の患者さんも多いです。
    スタッフ構成はどのようになっていますか?どんな人が多く働いていますか?
    現在、看護師は非常勤が4名、医療事務は8名、視能訓練士(ORT)は常勤が3名、非常勤が6名在籍しています。視能訓練士は20代〜30代の男女で構成されており、みな知識・経験が豊富です。
    お昼休みは何をしていますか?
    クリニックでご飯を食べたり、クリニック内で休憩したりしています。クリニック周辺には飲食店も多数ありますので、外食していただいても構いません。仮眠をとるスタッフも居るなど、皆さん自由に過ごしています。
    保険はどの様になっていますか?
    社会保険・厚生年金です。正社員の方は試用期間中でも、保険の加入手続きをいたします。
    ブランクがあるのですが大丈夫ですか
    大丈夫です。丁寧に指導いたしますのでご安心ください。
    入職後はどのような業務を覚えていくのでしょうか?
    仕事の詳細」をご確認ください。
    視能訓練士としてどのようなスキルが身につきますか?
    小児眼科の医師が在籍しているため、小児の斜視や弱視の検査のスキルや、オルソケラトロジー(近視抑制治療)に関しての知識やそのための検査、白内障手術に関わる検査スキルが身につきます。
    視能訓練士としての専門的なスキルアップや知識取得のために行っていることはありますか?
    定期的に製薬会社や医薬品メーカーなどの業者さんをお招きして勉強会を行っております(豪華お弁当付き)。他にも、院内には眼科に関連する文献・資料などを各種揃えておりますので、そちらを読むことで眼科への知識を深めて頂けます。ご希望があれば経費で追加購入も可能ですので、お気軽におっしゃってください。
    パソコンスキルは必要ですか?
    電子カルテを使用しているため、視野検査の結果やOCTの結果を飛ばしたりするために、なにかトラブルがあった際に軽いものであれば対応できる程度のスキルは必要です。マニュアルなどを作成する際にパソコンを使えるとより良いです。
    王子さくら眼科で視能訓練士として勤め続けた場合、どのようなキャリアアップが考えられますか?
    理事長はまだ40代で若く、色々なことにチャレンジしたいと思っています。先日白内障手術クリニックの方で眼瞼下垂やクマ取りの手術も開始しました。今後も別の手術や自費医療へのチャレンジも考えています。十分な見返りを保証しますので、ぜひ一緒にキャリアアップしていきましょう。

    追伸

    ここまでお読み頂き、本当にありがとうございます。
    大変だったのではないでしょうか?

    ここまで長い求人ページになったのも、
    私達が心から当院のスタッフとして新しく入職される方には、充実した気持ちで長く働き続けて頂きたいと考えているからこそです。

    少しでも心に刺さるものがありましたら、ぜひご応募お待ちしております。

    エントリーフォームへ